BLOG

1903年創業以来、素肌の美を大切にした化粧品をお届けしているクラブコスメチックスの公式ブログです。
たくさんの女性を、もっとキレイにするために。あなたの毎日がキラキラ輝く、楽しい情報をお届けします!

文化資料室

文化資料室だより④「現存する日本最古のアニメCF❔企画展を振り返り」

こんにちは。nakaです。

前回は第14回企画展「人によりそう」をご紹介しました。

 

今回は2018年4月~5月に開催した、第15回企画展「文化としてのお化粧品 ―現在(いま)に受け継ぐ確かな思い―」をご紹介いたします。

 

展示会場の様子

 

創業者・中山太一は【化粧品は文化である】と考え、明治36年に当社の前身である中山太陽堂を創業しました。

その信念のもとに行った企業活動は、日本の近代化粧品史だけでなく、化粧文化や女性文化、広告文化に至るまで広く影響を与えます。

 

展示では、中山太陽堂が化粧品を文化と考え【品質優良な商品をより多くの人に届け喜んでいただくこと】を目指した、現在に受け継がれるその思いを紹介しました。

 

展示会場の様子

 

特設コーナーでは、神戸映画資料館にて発見された「現存する日本最古の宣伝用アニメーションフィルム『カテイ石鹸』」(大正11年 推察)を上映しました。

 

約1分30秒間の無声フィルムでは、カテイ石鹸の購入者にクラブ歯磨をプレゼントするキャンペーンを告知しています。

後発ブランドである「カテイ」が既に名が知られていた「クラブ」と同じ、中山太陽堂のブランドであることをひろめる狙いがありました。

 

更に詳しく知りたい!という方は、こちらをクリックしてブックレットをご覧ください。

 

 

メインビジュアルとして使用したデザインは、明治末~昭和初期の布製ポスターが元になっています。

生地の感じも大きさも、今でも目にする手ぬぐいによく似ています。

 

大正時代は各化粧品会社が精魂込めて作成したポスターが店頭に溢れ、掲出されない事もありました。

そこで、タペストリーやのぼりとしても使える布製にし、お客様の目に入るように考えられたのです。

 

次回は、第16回企画展「昭和メイクの移ろい ―白粉(おしろい)からファンデーションへ―」をご紹介いたします。

お楽しみに!

 

…………………………………………………

\企画展ブックレットバックナンバーの公開を始めました!/

公式サイトのミュージアムページ内、展示のご案内コーナーよりご覧いただけます。

こちらをクリックしてご覧ください。

…………………………………………………

naka

文化資料室 担当のnakaです。毎年開催している企画展の展示情報など、文化活動を中心に情報をお届けしてまいります。よろしくお願いいたします。

作成者