BLOG

1903年創業以来、素肌の美を大切にした化粧品をお届けしているクラブコスメチックスの公式ブログです。
たくさんの女性を、もっとキレイにするために。あなたの毎日がキラキラ輝く、楽しい情報をお届けします!

文化資料室

文化資料室だより②「企画展ブックレットバックナンバー公開のお知らせ」

こんにちは。nakaです。

 

先日ご案内した企画展ブックレットのバックナンバーの公開を始めました。

公式サイトのミュージアムページ内、展示のご案内コーナーよりご覧いただけます。

こちらをクリックしてご覧ください。

 

 

その中でも今回は2016年4月~5月に開催した、第13回企画展「“素顔の美を増す”化粧品 ―中山太陽堂にみる商品戦略―」をご紹介いたします。

 

展示会場の様子

 

クラブ洗粉(あらいこ)はクラブコスメチックスの第一号商品として、明治39年の発売より、今年で115年目を迎えた粉末の洗顔料です。

「湯屋(風呂屋)の前を通るとクラブ洗粉のにおいがする」と言われた程に大ヒットし、発売より約1年間で400万個を売り上げ、当社の土台を築きます。

 

そのクラブ洗粉発売110周年を記念し、展示ではその大ヒットした理由を中心に紹介しました。

 

展示会場の様子

 

ようやく全国に鉄道が走り始め、百貨店が誕生し始めたような、現在のようにスマートフォンもネット通販もない時代において、どのようにして売り上げたのでしょうか?

 

そこには、創業者である中山太一の確かな思いと商品戦略がありました。

「眞實(しんじつ)の言語は迅速に傳播(でんぱ)し 優良の商品は直(じき)に販路を擴大(かくだい)す」と、中山太一は自身の思いを商品パッケージに刻みます。

 

「本当に品質の良い商品をつくり真実を広告にすれば、すぐに売り広まる」と考え、自信をもっておすすめできる良質な商品にこだわります。

商品の発売後も積極的に品質改良を繰り返し、常に進化させていきました。

 

更に詳しく知りたい!という方は、こちらをクリックしてブックレットをご覧ください。

 

 

メインビジュアルとして使用した椿のデザインは、昭和初期に発売したクラブ洗粉のパッケージデザインが元になっています。

ブックレット中の3ヶ所に当時の商品を掲載していますので、探してみてください。

 

次回は、第14回企画展「人によりそう ―中山太陽堂にみる販売促進・営業活動―」をご紹介いたします。

お楽しみに!

naka

文化資料室 担当のnakaです。毎年開催している企画展の展示情報など、文化活動を中心に情報をお届けしてまいります。よろしくお願いいたします。

作成者