明治39年(1906年)に発売された自社第一号商品。
発売当時、人気のあった外国製石鹸に負けない洗浄力や使用感、香りに加えて、繊細な日本人の肌に合う洗顔料として誕生。発売から約1年で400万個を売り上げ“風呂屋の前を通るとクラブの匂いがする”と言われたほどの大ヒット商品となりました。
これによりクラブコスメチックスの前身である中山太陽堂は名前を広めました。
今も当時のパッケージデザインを引き継ぎ、発売から百年を超えてもなお、多くの人々に愛され続けています。

天然小麦パウダー配合で刺激が少なく、お肌の弱い方でも使用できる粉末の洗顔料です。
※ 洗浄成分

3g×30包 1,650円(税込)

商品を購入する

  • 明治末
    明治39〜40年
    発売当初のデザイン
    「近代化粧品工業の発祥、
    発展を示す資料の一つ」
    として認定(認定化学遺産 第042号)
  • 明治末〜大正中期
    クラブ洗粉
    美術缶入
  • 昭和初期
    クラブ洗粉
    丸筒入
  • 昭和初期
    クラブ洗粉
    小判筒入
  • 昭和中期
    クラブ洗粉
    缶入
  • 明治末
    明治39年
    雑誌『婦人世界』広告
  • 明治末
    明治42年
    雑誌『婦人画報』広告

「クラブ洗粉」の発売から5年後の明治44年(1911年)。
英国より化粧品技師を招いて誕生した商品が「英国式 クラブ美身クリーム」です。
クリームを肌につけた時に、溶けて消えていくように見えるところからバニシングクリーム(バニッシュは「消える」「見えなくなる」の意味)と呼ばれるようになりました。
時代の変化とともに容器の形状や材質、ラベルデザインも刻々と変化させながら現代に受け継がれ、今でもクラブを代表する商品となっています。

ローヤルゼリーエキス配合でお肌にうるおいを与える、さっぱりとした感触の保湿クリームです。
※ 保湿成分

70g 792円(税込)

商品を購入する

  • 明治末〜大正初期
    大中小などサイズ展開が豊富な
    発売当初のデザイン
  • 大正中期〜昭和初期
    フタのデザインに細かな変化が見られる
  • 昭和初期
    昭和11年より樹脂製キャップに
  • 昭和初期
    容器の形やフタの素材がバリエーション豊かに
  • 昭和中期〜後期
    より現在に近いフォルムに
  • 昭和戦後
    昭和24年
    雑誌『歌劇』広告
  • 明治末〜大正初期
    布看板(布製ポスター)

昭和10年(1935年)、女性ホルモンと肌の関係にいち早く着目し、天然ホルモンを配合した「薬用クラブ美身クリーム」を発売。当初は「ホルモンのクリーム」と呼ばれ、親しまれていました。
※ 昭和30年に商品名を「クラブホルモンクリーム」に変更。

化粧品はイメージ広告が多かった中で、マッサージ美容法とあわせて使う図式化した広告は人気を高めました。
コロンと丸みのある愛らしい容器は、当時とほぼ変わらないデザイン。女性の手の大きさにピッタリとフィットするこのサイズ感は絶妙です。

女性ホルモン配合でお肌にしっかりハリを与える、ロングセラーの保湿クリームです。
※ エチニルエストラジオール:保湿成分

60g 660円(税込)

商品を購入する

“ほのかなローズの香り”がお楽しみいただける微香性タイプもご用意しています。
(写真左)

60g 748円(税込)

商品を購入する

  • 昭和初期
    薬用クラブ美身クリーム
    発売当初のデザイン
  • 昭和中期
    クラブ ホルモンクリーム
    (特別容器)
  • 昭和中期
    クラブ ホルモンクリーム
    (特別容器)

クラブ ホルモンクリームの誕生から約80年を記念して、2014年に発売されたのが 「クラブ ホルモンクリーム クラシカルリッチ」です。 長年愛され続けてきた「クラブ ホルモンクリーム」に、新たに3種類の和漢植物保湿成分を配合。さらにローズの優しい香りに仕上げ、お顔や手肌のデイリーケアとしてお使いいただけます。
また昭和初期のパッケージやデザインなどを復刻させた3種のレトロ&モダンなデザインを採用、“選ぶ楽しさ”も魅力の一つとなっています。

ロングセラーのクラブ ホルモンクリームに和漢植物エキスの保湿成分配合。ピンとハリのある肌に導く弱油性保湿クリームです。

65g 各1,078円(税込)

商品を購入する

  • 昭和初期
    クラブコケイ白粉
    当時のデザイン
  • 現在
    I ブルー
  • 昭和初期
    クラブ純植物性ポマード
    (意匠デザイン案)
  • 現在
    II パープル
  • 昭和初期
    クラブはき白粉
    当時のデザイン
  • 現在
    レッド

昭和33年(1958年)には、クラブ初の男性化粧品「クラブ男性G」シリーズが発売されました。
シリーズ第2弾の「クラブ男性クリームG」は、髭剃り後のお肌を整える男性用のクリームとして発売。
商品名の「G」はgentleman(ジェントルマン)のG。
爽やかなラベンダーの香りで、シャープな男性のイメージを表現します。

ラベンダーの香りで、髭剃り後のお肌を乾燥から守る、べたつかない男性用クリームです。

50g 660円(税込)

商品を購入する

  • 昭和中期
    昭和33年
    発売当初のデザイン
  • 昭和中期
    昭和33年
    発売当初の商品ポスター
  • 昭和中期
    昭和35年
    雑誌『アサヒ芸能』広告
  • 昭和後期
    商品ポスター

昭和26年(1951年)、「珍しい最新の“美髪養毛料”!」をキャッチフレーズに誕生したのがクラブ ヘヤートニックです。
頭皮につけてマッサージすることで得られる、爽やかな香りとすっきりとした爽快感、またフケやかゆみを抑えるだけではなく、香りのオシャレアイテムでもありました。
現在もほとんど変わらないパッケージと容器のデザインで、多くのファンの"これでなくては!"の声にお応えし続けている、信頼のロングセラー商品です。

頭皮に爽快感、地肌を引き締めフケ・かゆみを抑えるロングセラーのヘヤートニックです。

150ml 1,320円(税込)

商品を購入する

  • 昭和中期
    昭和26年
    発売当初のデザイン
  • 昭和後期
    商品ポスター
  • 昭和後期
    商品ポスター
  • 昭和後期
    商品ポスター
  • 昭和後期
    商品ポスター