スキンケア、メイク、健康食品なら化粧品通販サイト「クラブコスメオンライン」

代引・クレジット手数料無料

5,400円(税込)以上で送料無料

  • ログイン
  • カート
カート内の商品数:
0
カート内の商品数:
0

100年資料館 クラブコスメチックスの歴史

わたしたちのこれまで

明治36年(1903年)、中山太陽堂として創業した私たちクラブコスメチックス。
いつの時代に合っても、地に足をつけ、より多くの女性に美しさをお届けすることに専心し、進化し続けてきました。

  • 創業者:中山太一
    創業者:中山太一

    わたしたちのはじまり

    明治36年(1903)
    中山太一、神戸市花隈町で洋品雑貨と化粧品卸業を始める。
    商号「中山太陽堂」。
    謹厳実直な性格の太一は「商品に偽りなきものは最後の勝者なり」を信条とし、創業から3年後、製造業に転身をはかる。

  • クラブ洗粉
    クラブ洗粉

    「クラブ洗粉」の大ヒット

    明治39年(1906年)
    自社製品第一号の「クラブ洗粉」は、外国製石鹸に負けない洗浄力や使用感、香りに加え、肌あれの心配がないと大ヒットした。
    「洗粉のクラブ」として、明治年間、化粧品界の四大覇者の一つに数えられるなど、向かうところ敵なしの勢いだった。

  • クラブ美身クリーム
    クラブ美身クリーム

    「クラブ美身クリーム」の登場

    明治44年(1911年)
    製造技術を英国人技師から学び、「日やけ止」「あれ止」を提唱し、のちに中山太陽堂を支える黄金商品となった。
    一般的には「バニシングクリーム」と呼ばれ、肌にとけ込むような使用感が特徴。

  • 薬用クラブ乳液
    薬用クラブ乳液

    いち早く天然ホルモンに着目し、商品化

    昭和10年(1935年)
    乳液を皮きりに、クリーム、白粉など天然ホルモンを配合した新商品を次々に発売。「クラブホルモンクリーム」は現在も販売されており、根強いファンの支持に応えている。

  • クラブ ラブクリーム
    クラブ ラブクリーム

    新しい時代にフィット「クラブ ラブシリーズ」

    昭和33年(1958年)
    戦後すぐから高度成長への転換期。
    そんな時代の風潮に合ったハイティーン専用商品「クラブ ラブシリーズ」は、新時代にマッチした商品イメージと、斬新なデザインが若い女性の人気を得た。

  • クラブマーク
    クラブマーク

    社名を「クラブコスメチックス」と改称

    昭和46年(1971年)
    新生「クラブ」へのイメージアップを図り、かつ、ファッション産業への担い手にふさわしい名称にと、創業から68年目に会社名を「株式会社 クラブコスメチックス」に改称。
    化粧品メーカーとして出発を果たした。

フォトライブラリー

製品 懐かしき化粧品

  • クラブ洗粉
    クラブ洗粉
  • クラブ美身クリーム
    クラブ美身クリーム
  • 薬用クラブ美身クリーム
    薬用クラブ美身クリーム

明治~昭和初期、現在の「クラブ洗粉」「クラブ美身クリーム」はこのような美術缶やガラス容器に入っていました。
女性ホルモンが配合された「薬用クラブ美身クリーム」は後に「クラブホルモンクリーム」となり、現在も当時の容器の形のまま販売しています。


広告 華麗なる広告

  • 荷車
    荷車
  • 美人写真広告(三越呉服店「時好」掲載)
    美人写真広告
    (三越呉服店「時好」掲載)
  • ポスター
    ポスター

初代社長の中山太一は広告王とも呼ばれ、あふれるアイデアを駆使して商品を紹介しました。
配達と宣伝を兼ね備えた荷車、芸者をモデルにし呉服店(現在の百貨店)とタイアップした美人写真広告、美人を描いたポスターはそれぞれに人々の注目を集めました。


出版 プラトン社の展開

  • 女性(大正13年)
    女性(大正13年)
  • 苦楽(大正15年)
    苦楽(大正15年)
  • 四葉の苜蓿(クローバ)(里見 弴著 大正12年)
    四葉の苜蓿(クローバ)
    (里見 弴著 大正12年)

大正11年、中山太陽堂の宣伝戦略の一環としてプラトン社を創設。
山六郎や山名文夫が手がけた美麗なデザインは、現在もなおモダンデザイン史の分野でも高い評価を受けています。
裏表紙、中面にはクラブの商品広告が掲載されています。

最近チェックしたアイテム Your Recently Viewed Items

  • 最近チェックした商品はありません。
カート内の商品数:
0